WiMAXサービスは固定回線のように利用出来る?

固定回線のようにWiMAXサービスを利用する事は可能なのか、7G制限は厳しくないのかと言った部分についてご紹介します。



固定回線



結論から言うと、WiMAXサービスを固定回線のように利用する事は可能です。
ただ、漠然と使用していると速度制限に掛かってしまいます。



きちんとWiMAXサービスの速度制限の仕組みを理解して、意識しながらWiMAXサービスを利用する必要があります。(にて詳しく)
それさえ気を付ければ、厳しい速度制限を回避しながらWiMAXサービスを利用し続ける事が可能です。



速度制限を回避しながらWiMAXサービスを利用する



上手にWiMAXサービスを活用して、固定回線とモバイル回線の良いとこ取りをしましょう。



↓UQ WiMAXに関する詳細情報↓
UQ WiMAX

月間のデータ利用量による速度制限とは?

WiMAXサービスには、月間のデータ利用量による速度制限と呼ばれる速度制限があります。
これは何なのかと言うと、一般的に7G制限と呼ばれているものです。



月間のデータ利用量による速度制限



具体的には、1ヵ月に7GB以上の通信を行うと適用される速度制限になります。
モバイルインターネットサービスで広く適用されている速度制限ですから、速度制限と言われてると、この速度制限をイメージすると言う方も多いです



月間のデータ利用量による速度制限が適用されると、月末まで通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。
そうなると、動画の視聴どころか、普通のホームページの閲覧さえももたついてしまいます
非常に厳しい速度制限ですから、出来るだけ回避したいところです。





そんな月間のデータ利用量による速度制限ですが、ギガ放題プランと言う料金プランでWiMAXサービスの申し込み手続きを行う事で、ハイスピードモードは対象外になります
ですから、ハイスピードモードのみを利用する場合でしたら、月間のデータ利用量による速度制限は気にしなくても良くなります



ただし、ハイスピードプラスエリアモードに関しては、ギガ放題プランの契約者でも月間のデータ利用量による速度制限の対象となってしまいます
しかも、ハイスピードプラスエリアモードで月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまうと、ハイスピードモードに対しても月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまいます



ハイスピードプラスエリアモードには月間のデータ利用量による速度制限が適用される



つまり、ギガ放題プランでWiMAXサービスの申し込みを行ったとしても、ハイスピードプラスエリアモードの通信量に対しては注意が必要だと言う事になります。
とは言え、ハイスピードプラスエリアモードを利用し過ぎなければ、月間のデータ利用量による速度制限は気にしなくても良いと言う事になります。



ただし、ギガ放題プラン以外の料金プランで契約を行った場合は、ハイスピードモードにも月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまいます。
ですので、WiMAXサービスの契約プランにも注意しましょう。

混雑回避のための速度制限とは?

WiMAXサービスには、混雑回避のための速度制限と言われる速度制限もあります。
こちらの速度制限は、ギガ放題プランでWiMAXサービスの契約を行っていたとしても、普通に適応されます



混雑回避のための速度制限が適用される条件ですが、3日間連続の総通信量が3GBを超えてしまった場合に適用されます。
そう考えると、月間のデータ利用量による速度制限よりも混雑回避のためのそ適用条件が厳しいイメージがあります。



混雑回避のための速度制限は適用条件が厳しい



ですが、適用後に月間のデータ利用量による速度制限ほど厳しい速度制限は実施されません。
混雑回避のための速度制限が適用されたとしても、通信速度は動画が視聴出来る程度に留められます



ですから、実は、混雑回避のための速度制限はそこまで気にし過ぎる必要はありません
それよりも、月間のデータ利用量による速度制限が適用されないように気を付ける必要があります。



月間のデータ利用量による速度制限が適用されないように気を付ける



このように、WiMAXサービスに適用される2種類の速度制限についてしっかりと理解していれば、通信速度が128Kbpsにまで制限されてしまうような事態は避ける事が出来ます
つまり、WiMAXサービスを固定回線のように利用する事が出来ます



ご紹介して来たWiMAXサービスの仕組みをしっかりと理解して、上手にWiMAXサービスを利用しましょう。



↓UQ WiMAXの申し込み手続きはこちら↓
UQ WiMAX